Arquivo do blog

sexta-feira, 8 de maio de 2020

教世アピール カトリックの信徒と善意の人々に 汝らの自由のために ヨハネ八章三十二節



非常に深刻な危機の時に、私たちカトリック教会の牧師は、私たちの委任に基づき、司教座の兄弟たち、聖職者、宗教者、神の聖なる人々、そして善意のすべての人々にアピールを行うことを私たちの神聖な義務と考えています。また、このアピールは、その内容を共有する知識人、医師、弁護士、ジャーナリスト、専門家などが購読しており、自分のものにしたい人が購読できるようになっています。

事実は、コビド19の流行を口実に、多くの場合、市民の不可侵の権利が侵害され、礼拝、表現、移動の自由の行使を含む基本的自由が不釣り合いに不当に制限されていることを示している。公衆衛生が、世界中の何百万人もの人々の権利を計算に入れるためのアリバイになってはならないし、なってはならないのです。

私たちは、死亡者数に関する流行の発生率に関する公式データに基づいて、人々の自由、人々のコントロール、そして彼らの動きを追跡することに対する容認できない制限の形態を恒久的に課すことを唯一の目的として、人々の間にパニックを起こすことに関心を持っている権力者がいると信じるに足る理由があります。これらの非自由な形での押し付けは、すべてのコントロールを超えた世界政府の実現への不穏な前奏曲である。